• TOP
  • インフルエンザ

インフルエンザ

インフルエンザとは

インフルエンザには、季節性と新型があります。

季節性インフルエンザとは

インフルエンザとは、気道の粘膜などにインフルエンザウイルスが感染する病気です。

毎年、流行期の12月下旬から3月中旬くらいまで、季節性インフルエンザが流行し、多くの人を苦しめています。

一般的に、インフルエンザも、かぜ症候群の一つですが、インフルエンザは通常のかぜと比較して、症状が重く、治るまでに時間がかかります。

子供と高齢者が特にかかりやすい病気ですが、高齢者がかかると肺炎を合併したり、持病を悪化させたりして、重体となり、最悪の場合、死に至ることもあります。

新型インフルエンザとは

季節性インフルエンザと抗原性が大きく異なるインフルエンザで、一般的に日本人が免疫を獲得していないことから、全国的な急速なまん延によって、健康に重大な影響を与えるおそれがあります。

インフルエンザの原因

季節性インフルエンザの原因

季節性インフルエンザの原因になるインフルエンザウイルスはA・B・C型があり、その中で問題となるのはA型とB型です。

特にA/H3N2(香港)型ウイルス、A/H1N1(ソ連)型ウイルスと、B型ウイルスの3種類が流行することが多いです。

くしゃみや咳で、空気中にウイルスがただよい、感染します。

新型インフルエンザの原因

新型インフルエンザは、ほとんどの方が免疫を持っておらず、通常のインフルエンザに比べ、感染が拡大しやすく、多くの人が感染することが考えられています。

インフルエンザの症状

インフルエンザウイルスに感染した、1~3日間くらいの潜伏期間を経て、突然38~40度前後の高熱が出て発病します。

それとともに、悪寒、頭痛、筋肉痛、咳、痰、食欲不振、関節痛、全身倦怠感、鼻水、のどの痛み、腰の痛み、胸の痛みなどの症状が現れます。

下痢やおなかの痛みなどの消化器症状がでることもあります。

症状で新型インフルエンザと季節性インフルエンザを見分けることはできません。

インフルエンザの合併症としては、高齢者がかかりやすい肺炎や、乳幼児がごくまれに併発する脳炎があります。

これらの合併症を併発しないための対応策としては、インフルエンザが流行する前に予防接種を受けることです。

インフルエンザの検査と診断

インフルエンザ

診断を下すためには、インフルエンザウイルスに感染しているかどうかの検査を行ないます。

現在では15分程度で結果が出る迅速診断キットが検査に使用されます。

鼻腔ぬぐい液、または咽頭ぬぐい液を検査の材料として使います。

検査で陽性と出た場合には、ほぼインフルエンザと断定して間違いはありませんが、陰性と出た場合にはインフルエンザであることも、インフルエンザでないこともありえます。

鼻腔ぬぐい液で、約80~85%前後。

咽頭ぬぐい液で、約60~80%前後の陽性率です。

特に発病後1日以内は感度が低いため、インフルエンザに罹っているにもかかわらず、検査では陰性となる可能性があります。

インフルエンザの治療

インフルエンザ

治療は薬物療法が中心となります。

抗ウイルス薬はインフルエンザ感染に有効な治療薬です。

また、早めに治療することは、自分の身体を守るためだけでなく、周りの人にインフルエンザをうつさないという意味でも重要なことです。

発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などには解熱鎮痛剤、鼻水、くしゃみには抗ヒスタミン剤、咳には咳止め、痰に去痰剤を内服します。

小児の場合は解熱鎮痛剤を使用するとまれに、ライ症候群という合併症を併発することもありますので、必ず医師の指示のもとに服用するようにしてください。

通常は2、3日でピークを迎えて、1週間くらいで治ります。

炎症が強い場合は咳だけ残ったり、のどの違和感が続いたりすることもあります。

インフルエンザの治療中の注意点

できるだけ安静にし、十分な睡眠と栄養を取り体力をつけることが必要です。

インフルエンザウイルスの空気中での活動を抑えるために、室内の湿度を60~70%に保つように心がけてください。

また、水分を十分に補ってあげることで脱水症状を予防しましょう。

インフルエンザウイルスは熱が下がって、症状が改善しても、体の中に残っているため、周りの人にうつしてしまう可能性はあります。

流行を最小限に抑えるためにも、熱が下がった後も家でゆっくり休むことが大切です。

目安としては熱が下がってからも2日間は人と接触せず、家でゆっくりするとよいでしょう。

症状のある方は、マスクの着用、咳エチケットを守る、外出を控え早めに受診するなど、人にうつさないように気をつけてください。

特に、学校や塾、夏季講習、職場など、集団での感染の広がりを防ぐため、無理な登校、出勤などは厳に慎んでください。

過度な心配はいりませんが、引き続き手洗い、うがいの励行など、感染防止に努めてください。

インフルエンザの予防

インフルエンザの予防接種を受ければ、絶対にインフルエンザにかからないということではありませんが、予防接種するとインフルエンザにかかりにくくなります。

インフルエンザにかかっても、ワクチン接種しなかった人と比べて、重くならずにすみ、治りが早くなります。

実際成人の場合は、インフルエンザの発病阻止率は70%~90%前後といわれています。

なおインフルエンザや肺炎による入院患者数が30~60%減り、死亡者数が50~70%減ったという報告もあり、合併症にも有効です。

予防接種を受けてからインフルエンザに対して有効になるまで2週間程度かかり、その効果が十分に持続する期間は5ヶ月前後となります。