• TOP
  • ヘルニア等

ヘルニア等

腰椎椎間板ヘルニアの治療

腰椎椎間板ヘルニア あおば整形外科・内科では、一般的な整形外科治療とリハビリテーションの運動療法の一種であるAKA-博田法を組み合わせた治療を行っております。

何故、一般的な治療とAKA-博田法を組み合わせるかといいますと、腰痛や下半身のしびれは腰椎椎間板ヘルニアによるもの以外にも骨盤等の関節の動きが障害される事で出現するものがあるという事がAKA-博田法によりわかってきたからです。

一般的な治療としては、消炎鎮痛薬や筋緊張弛緩薬の投与、疼痛が激しい場合は、硬膜外ブロックや神経根ブロックなどのブロック療法があります。


腰椎椎間板ヘルニア

しかし、これらの治療はあくまで腰椎椎間板ヘルニアに対する治療であり、関節に対する治療効果はあまりありません。

これらの治療を受けていてもなかなか症状が良くならない方はAKA-博田法により関節の治療を行うと良くなる事が多いようです。

勿論、AKA-博田法を行ってもあまり症状が良くならない方もいらっしゃいます。

この場合は、腰椎椎間板ヘルニアの治療を行う必要があります。

このように、一般的な整形外科治療とAKA-博田法による関節の治療の両者を行う事が腰痛治療には必要不可欠です。

もし、腰痛やしびれ等で困っており、AKA-博田法を受けていなければ一度受けてみてはいかがでしょうか。当院は保険診療で治療を行っていますのでご気軽にご相談ください。