• TOP
  • 変形性股関節症

変形性股関節症

変形性股関節の治療

変形性股関節症 あおば整形外科・内科では、一般的な整形外科治療とリハビリテーションの運動療法の一種であるAKA-博田法を組み合わせた治療を行っております。


変形性股関節の治療

変形性股関節症とは、長年の使用や繰り返される負担、けがなどによって、関節の軟骨がすり減ったり、骨の変形が生じたりする病気です。

一般的な整形外科の治療としては、体重のコントロールや安静、杖の使用、温熱療法などの理学療法、湿布、塗り薬、痛み止めの内服薬などを用いた保存的治療を行います。


さらに、当院では一般的な整形外科の治療に加えてリハビリテーションにおける運動療法の一種であるAKA-博田法を治療に取り入れております。

AKA-博田法を行い関節の動きを治療する事で多くの方は痛みを軽減させる事ができ、更に股関節の変形が進行するのを防ぐ事を期待できます。

もし股関節の痛みでAKA-博田法を受けた事がなければ、AKA-博田法を受けてみてはどうでしょうか。

当院は、保険診療を行っておりますのでご気軽にご相談ください。