風邪

風邪とは

風邪

風邪とは、細菌やウイルスが鼻、のど、気管支などに侵入して感染し、急性の炎症を伴う病気です。

鼻腔、咽頭、喉頭などの上気道に起こりやすく、急性上気道炎、かぜ症候群などとも呼ばれています。時に、気管、気管支にも炎症が波及することがあります。

風邪の原因

ウイルス(ライノウイルスやアデノウイルス)と細菌(溶連菌など)の感染が原因で起こることがほとんどです。

まれに、マイコプラズマ、レジオネラなどの感染により起こることもあります。

ウイルスや細菌が、咳、くしゃみ、手などから、直接鼻や口へ入って感染します。

誘引としては乾燥、寒冷、温度変化などのほかに、疲労や睡眠不足などもあります。

風邪の症状

のどの痛みくしゃみ、痰、鼻づまり、鼻水、咳などの呼吸器症状が中心になりますが、それ以外にも筋肉痛、発熱、全身倦怠感、食欲低下、頭痛、関節痛などの全身症状もあります。

また、吐き気、腹痛、嘔吐、下痢などの消化器症状が起こることもあります。

風邪の検査

症状だけで診断がつくことが多いため、検査はあまりしません。

血液検査で、ウイルスが感染していることを示す白血球の減少がみられることがあり、炎症の指標であるCRPも大きく上昇しないのも特徴です。

もし、血液検査で、白血球の増加やCRPの上昇がみられたら、細菌感染または細菌感染を合併していると考えます。

インフルエンザが疑われる場合はキットによる敏速検査をすることもあります。

風邪の合併症

風邪にかかって抵抗力が落ちている状態だと、様々な合併症を引き起こす危険があります。

ときには、肺にウイルスや細菌が波及して肺炎に至ることもあるため注意が必要です。

風邪の治療法

風邪の治療法は休養をとることや薬物療法があげられます。

薬物療法は症状によって合わせた薬を使用します。

熱が高い場合は熱を解熱の薬、咳がひどい場合は咳止めの薬、鼻水がひどい場合は鼻水の薬など、症状にあわせて薬を服用します。

細菌感染を起こすこともあるので、抗生物質を内服することもあります。

風邪の予後

発熱やのどの痛みなどの症状は1週間以内にはなくなることがほとんどですが、咳やのどの違和感が長引くこともあります。

風邪をひいた4人に1人が、2週間後に咳をしているというデータもあるくらいですので、咳止めの薬を継続することもあります。

風邪の注意点

できるだけ安静にし、十分な睡眠が必要です。ウイルスや細菌の空気中での活動を抑えるために、室内の湿度を60~70%に保つように心がけてください。

脱水を防ぐために水分をとることや、胃腸を休めるために消化によい食事をとることも大切です。

御自身で風邪と判断した際には、市販薬を使うこともあるかと思います。

病院で処方された薬と市販薬との最も大きな違いは、病院の薬は、医師が診察して、病状に対して効果のある成分が入った薬を処方しているのに対して、市販薬は誰が使ってもいいように、成分の配合を調整しているので、薬の効果がでにくいこともあります。

なお、細菌が感染している場合は、市販されていない病院で処方される抗生物質が必要となります。

風邪は万病の元ともいわれますので、早めに受診して治療を受けましょう。