• TOP
  • 腰痛(腰部脊柱管狭窄症)

腰痛(腰部脊柱管狭窄症)

腰部脊柱管狭窄症の治療

腰部脊柱管狭窄症 あおば整形外科・内科では、一般的な整形外科治療とリハビリテーションの運動療法の一種であるAKA-博田法を組み合わせた治療を行っております。

一般的な整形外科的な治療としては、消炎鎮痛薬や血流改善薬等の薬物療法や注射、牽引や温熱療法等の治療があります。

しかし、できれば、手術をしないでどうにかしたいという考えの患者さまもいらっしゃると思います。


腰痛

当院では、一般的な整形外科の治療にAKA-博田法を組み合わせた治療を行っております。

腰部脊柱管狭窄症は神経の通り道が圧迫される病気なのに、何故関節の動きを治療するAKA-博田法を行うのか不思議に思うかもしれません。

しかし、腰部脊柱管狭窄症の症状を持っている方は、同時に骨盤や背骨等の関節の動きも悪くなっている方が非常に多く、その障害された関節をAKA-博田法で治療すると腰痛やしびれ等の症状がよくなっていく事が非常に多いのです。

腰部脊柱管狭窄は、一般的な整形外科の治療とAKA-博田法の両者を組み合わせて治療を行っていかないと、なかなか良くなっていかないと私は思っております。

AKA-博田法は、体にかかる負担の少ない安全に配慮した治療です。