• TOP
  • 高血圧

高血圧

高血圧とは

高血圧

血圧とは、心臓が血液を全身に送りだす際の圧力のことです。

圧が基準値以上の状態が続くことを、高血圧といいます。

高血圧が長期間続くと、血管に大きな負担がかかり、血管が傷つくことで血流がつまりやすくなります。

そのため放置しておくと、脳出血、脳梗塞、心筋梗塞などの合併症を引き起こす可能性が高まるため、 血圧を下げ、コントロールすることにより、合併症を起こす確率を下げる必要があります。

高血圧の原因

高血圧は90%以上が原因のはっきりしないもので、本態性高血圧症と呼ばれます。

体質や塩分・脂質の摂りすぎ、運動不足、肥満、ストレス、アルコール、喫煙などの生活習慣に原因があります。

高血圧の症状

高血圧は自覚症状がないことがほとんどです。

極端に血圧が高くなったり、疲れがたまったりしたときには、頭痛、頭重感、肩こり、顔のほてり、動悸、むくみ、耳鳴り、めまいなどの症状がでることもあります。

高血圧の検査と診断

血圧を測定する以外に、原因を起こしている病気がないか、合併症がないかどうかを確認するため、血液検査、尿検査を行い、診断します。

高血圧の治療

高血圧の治療には、食事療法、運動療法、薬物療法があります。

高血圧の治療目標は、正常血圧にすることです。

130/85mmHgまでが正常血圧とされていますが、それよりも高い方は、生活習慣の改善を行います。

若年者や糖尿病などの他の病気の方では、さらに血圧を下げなければいけないこともあります。

食事療法や運動療法を行なっても、血圧が下がらない場合は、食事療法と運動療法を併用しながら、薬物療法を行ない、血圧を下げる薬を内服します。

高血圧の注意点

症状がないため、高血圧症の薬を飲まなくなってしまう方もいらっしゃいますが、定期的に血圧を測り適正な血圧をコントロールすることが、動脈硬化の進行を抑えて、脳梗塞や心筋梗塞の予防になります。